ヘボン式ローマ字について

流通業界共通認証局 証明書ポリシーでは、証明書内に表示する「個人名」をヘボン式ローマ字で記入することが定められています。

以下のヘボン式ローマ字表と注意事項を参考に、CSRの作成やフォームへの入力を行ってください。
個人名をヘボン式ローマ字以外でご記入された場合、再申請が必要となります。

           ヘボン式ローマ字表hebon.PNG

本表及びその他用法で注意すべき点

撥音発音
ヘボン式では b m p の前に n の代わりに m をおく。
 
【例】 なんば(灘場) → 「NAMBA」、 ほんま(本間) → 「HOMMA」 

促音
子音を重ねて示す。
 
【例】 はっとり(服部) → 「HATTORI」、 きっかわ(吉川) → 「KIKKAWA

ただし、チ(CHI)、チャ(CHA)、チュ(CHU)、チョ(CHO)音に限り、その前に「t」を加える。
 
【例】 ほっち(発地) → 「HOTCHI」、 はっちょう(八町) → 「HATCHO

長音
「オオ」「オウ」の発音になる場合、ヘボン式ローマ字表記では「U」「O」は記入しません。 
 【例】 たろう(太郎) → 「TARO」、 おおさか(大阪) → 「OSAKA
     
     おおの(大野) → 「ONO」、 とおやま(遠山) → 「TOYAMA
     
かとう(加藤) → 「KATO」、ようこ(洋子) → 「YOKO

「ウウ」の発音になる場合、「U」一文字で表す。
 
【例】 しゅうじ(修二) → 「SHUJI」、 ひゅうが(日向) → 「HYUGA

※間違いやすいヘボン式ローマ字
「し」→「shi」、「ち」→「chi」、「つ」→「tsu」、
「ぢ」→「ji」、 「づ」→「zu」、 「じゅ」→「ju」、
「じ」→「ji」、「ず」→「zu」、
「しょ」→「sho」、「ちゅ」→「chu」、「ちょ」→「cho」、「ふ」→「fu」 等