EDI(流通BMS)とは?

EDI(流通BMS)とは

EDIとは:

企業間における受発注などに関するデータを統一の形式で電子的に交換することにより、経営効率を高めることができる企業インフラです。

流通BMSとは:

受発注をはじめ出荷、検品、請求や支払などのデータを高速に低コストで交換することができるJCA手順に代わる日本の流通業界唯一のEDI標準です。現在小売業、卸売業をはじめとして導入が進んでいます。

EDI(流通BMS)の概念

業種を問わず統一の形式で電子的にデータを交換することにより効率化。

EDI(流通BMS)導入の背景

現在の流通では受発注などに関するデータが企業ごとに異なっているため、個別にシステムを開発するというロスが生じています。業種、業態を問わず統一の形式でデータを交換することにより、余分なコストを削減することを目的に導入が推進されています。

電子証明書の役割

電子証明書は受発注などのデータを交換する際の相互認証や通信の暗号化に必要となります。利用端末によって導入する証明書が異なり、サーバの場合はサーバ証明書を、クライアントPCの場合はクライアント証明書を導入する必要があります。サーバ-サーバ間の通信では常時接続で大量のデータの交換を行なうことができます。クライアント-サーバ間の通信は常時接続ではありませんが運用面で導入がしやすいモデルです。